スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひまわり 

ひまわり

2011年4月28日(木)

今日はひさしぶりに庭作業日。

アーチに絡ませているバラやら
隣家との境に垣根として植えているラ・フランスの
手入れにほとんど費やして・・・
それでも全部は終わらず、また連休中に
どっかのタイミングで と
今度はトゲもなく脚立もいらない軽作業
「たねまき」をしました。

だいたい毎年 今時季は
これから訪れる夏に向けて
いろんな種を蒔くのですが
今年は思いも特別
なにせ ひまわりをはじめ、ある特定の植物には
放射性物質を吸着するチカラがあるというのですから。

しかし、蒔くにあたって悩みました。
最初は、蒔くことで吸着できるのなら
福島をはじめ日本全体で ひまわりの種蒔いたら
有効なのではないかな、と。
植物のチカラって、スゴイ!!
当然、我が家の庭にも蒔こう!と思いました。

でも、同時に考えられることも

吸着したら、ひまわりが植わっている場所は
その他の場所よりも放射線物質が集まってくるということになって
それは安全だと言えるのか?

ハッキリしないし、わからない!!

もしも、植えるという行為が有効なのであれば
もっともっと日本中にアクションをおこして
イベントなどで種を無料配布するなり
やれることがあるのになあ
蒔くなら 今が ちょうどタイミングです。

一個人が騒いでいても できることは微力。
思いきって、日本園芸協会とサカタのタネに
直接問い合わせてみました。

どちらも返答は似たようなもので
チェルノブイリでは 実際にひまわりを蒔いて育ててという
試みがなされたらしいけれど
問題なのは、吸着したひまわりの処理方法。
日本の法律には放射性物質をどう処理するかなど
何の規定も設けられていないため
公に「さあ、蒔きましょう!」とは言えないといいます。

そうだろうなあ 確かに。わかるけど・・・

それこそ その道のエキスパートとして
もうちょっと踏み込んで有識者の見解を聞いてみるとか
なんとか掘り進めていただきたいのです。
あの時ああしていれば!と後悔しないために・・・。

maru麻.がひまわりについてのことを知る
きっかけとなった本の出版社にも問い合わせ中。
GW明けにはなんらかの情報がつかめるかもしれません。

そして、私はひとまず・・・例年どおりひまわり蒔きました。
きれいなお花を愛でながら
未来に効き目がありますように。
そんな想いをこめて、育てます。








スポンサーサイト
葉山芸術祭 | HOME | 麻心へ・・・

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05« 2017/06 »07

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

Shelly

Author:Shelly


いつも「ひらめき」で、つくってる感じ。

人生の教訓は、

「他人の真似ばかりしていると、自分を失う」(スナフキン)

そうだ。その通り!

最新トラックバック

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

PAS COUNTER

PAS CLOCK

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

電力使用状況&電気予報

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。