スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅を終えて 

Naturalia Paris

フランス

20年振りちかくに訪ねた感想は・・・
ベースの町並みは さすがは歴史の町
そうカンタンには変わっていませんでした。

相変わらず 美しく おいしいものに囲まれた
豊かな国。


でも、自分が 日本が この20年の間に
変わったこと

「環境について」考えて日々生活をすること

これが、大きいのかも知れません。


今回、折に触れて感じたことがありました。

パリでもオーガニック(bio)の食材や、化粧品に
人気が集まり、「Naturalia」というショップは
その取り扱い店として知られています。
(↑写真はCadetのショップ)

このシックな赤が目を引くショップは
パリ市内でも年々店舗数をのばしているようで
きっと ここでお買い物をする人々をはじめとして
「からだにいいもの」は
生活に浸透していっているのでしょうね。

Recycling box in Paris

町中には 大人の背の高さ以上もある
ビン のリサイクル・ボックスが
設置されていたり
(↑これ、中はどうなっているのでしょう?)
貸し自転車があたりまえに普及していたり・・・

どの位、環境に対する意識が高いのか
旅してまわりながら 自分の視点は常にそこ だったのですが、

まるで「ふた昔前の日本みたい」な一面も。

町のあちこちにゴミ箱があり、
特に仕分けもしないので
捨て放題。
全部燃やしてしまのだろう・・・
CO2は??

とか

犬のフンが、とにかく多い!!
どうして そのまま??

とか

きっと10年後くらいになったら
考えるチャンスがおとずれて
見直されるようになるのかな。


今年の震災後から 特にいろいろ考えさせられて
 
「原発いらない!」

の立場から、原子力大国フランスを訪ねて
どう思うのかって・・・

環境問題に対する意識のちがいは
さっき挙げたとおり、生活から痛感。
そして、これは生真面目なニホンジンの精神だったのか、
ということでした。

もっと気楽に 楽しくやるなら
まあまあ そんなかたい事言わずにぃ
と、ゆるく人生を楽しめるフランス人の意識を
生真面目な日本人と同じレベルにというのは
ひじょうにムズカシイのではないかと
思われます。

世界には いろいろな国がある

それぞれのいいところを抜き出して
いまいちど 
地球を想って
1人1人が 行動すべき時。

以上、 フランスレポート!













スポンサーサイト
沖縄のビーチから | HOME | ニースでもビーチコーミング

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09« 2017/10 »11

月別アーカイブ

最新コメント

最新記事

プロフィール

Shelly

Author:Shelly


いつも「ひらめき」で、つくってる感じ。

人生の教訓は、

「他人の真似ばかりしていると、自分を失う」(スナフキン)

そうだ。その通り!

最新トラックバック

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

PAS COUNTER

PAS CLOCK

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

電力使用状況&電気予報

PageTop▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。